教師のコーチングスキルと[入試・AO入試]進路指導なら学習コーチアカデミー

学校広報

広告代理店で大手企業の広報・マーケティング戦略に携わり、世界最大級のコミュニケーションプロジェクトである、米国大統領選挙を取材した同アカデミーの講師が提供する、広報研修プログラムです。大事なレセプション、または校内アナウンスにおけるスピーチライティングの代行も行っておりますので、お問い合わせください。

学校の資源を最大化する、年間広報計画のつくり方

時間

内容

狙いまたは、進行

10:00-

 10:50

人を動かす、

コピーワークのツボ

参加者のアイスブレイキングも兼ねて、自己紹介ならぬ、他己紹介をしてもらいます。その際、単に相手のことを伝えるのではなく、パートナーをいかに魅力的な人間として紹介できるかを工夫してもらいます。つまり、セールスポイントではなく、ベネフィットを語る演習です。

11:00-

 11:50

ニュースの法則「カン・カラ・コ・モ・デ・ケ・ア」とは

メディアがほしいものは「情報」ですが、ほしくないものは「雑音」になります。メディア業界には、彼らが「情報」と「雑音」を区別する 7 つの視点があります。それらを具体的な事例に即しながら解説し、ワークシートに基づいて自校資源を掘り起こしてもらいます。

13:00-

 13:50

1 年を通じて知る、

「ニュースな言葉」

年末には「クリスマスネタ」が、2 月 14 日には「バレンタインネタ」がメディアに多数露出されます。メディアは、年間を見通した「ネタ探し」をしています。1 月から 12 月まで、どの月のどのタイミングでどんな言葉がニュースになりやすいのかを学び、自校、または自校教員や生徒の活動との接点を探ってゆきます。

14:00-

14:50

○月○日。自校がメディアで取り上げられるためのシミュレーション

3 回まで学んだニュースの法則に基づき、自校、または自校教員や生徒がメディアで紹介されるイメージを鮮明にします。いつ、なにが、どのように取り上げられているのか。そして、その出来上がった理想のイメージを現実化するために何を獲得しなければならないのか、または何を放棄しなければならないのかを学びます。

15:00-

 15:50

SNSを活用した、

学校広報の事例に学ぶ

今や、学校広報においても、SNSの活用が不可欠となっています。民間企業や他校の先行事例を参照しながら、SNSを活用するうえでの注意点や有効な活用法について学びます。

16:00-

 16:50

覚悟を決める!

本講座で学んだことは、実行に移さなければ意味がありません。ここまでの講座で、すでに自校資源を開発し、アプローチ方法も計画できているはずです。本時間では、目標を実現するために覚悟を決めてもらうコーチングセッションを行います。参加者同士でモチベーションを高めあい、終了とします。

16:50-

 17:00

終了の挨拶  

お問い合わせ、お申し込みはこちら

このページのトップへ

Copyright© Gakushu Coach Academy All Rights Reserved.